2022年 バックナンバー

腸内細菌と運動

腸内環境を整える方法は食事、睡眠以外にも運動が必要です。腸内環境だけでなく、脳の機能(ゴミの除去)にも効果があります。効果的な運動を紹介いたしますので明日からでも始めてみてはいかがでしょうか?   続きを読む 

腸内細菌と睡眠

睡眠と腸内環境の関係について、腸のお掃除タイム、眠りを誘発するメラトニン、睡眠禁止ゾーンなどと合わせて紹介していきます。これを機にご自身の睡眠について見直してみてはいかかでしょうか?  続きを読む

腸内細菌と病気

腸内細菌の理想的なバランスは、
『善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1』
腸内環境は年齢とともに変化しており、60歳を超えた頃
から善玉菌が減少し、悪玉菌の増加が顕著になります。
※日和見菌とは、善玉菌と悪玉菌のうち、数が多い菌と同じ働きをします。 続きを読む

腸内細菌と病気

「緊張しすぎて、おなかがキリキリと痛む」、「便秘が続いて気分が晴れない」このように精神的な ストレスが腸の不調を招いたり、逆に、腸の不調が精神的なストレスに結びつくことがあります。多くの人が経験する、こうした体験・症状は、脳と腸が 自律神経系を介して、相互的に情報交換をしているために起こります。これが「脳腸相関」です。 続きを読む

腸内細菌と病気

リーキーガットとは、腸粘膜の細胞間に間隙ができ、有害物質が血中に入り込んでしまうことです。通常の腸粘膜は、身体活動に必要な栄養素の吸収を行い、病原菌や未消化のタンパク質が血管内に入り込まないようブロックするなど重要な役割を果たしています。しかしリーキーガットにより、腸粘膜の細胞間に隙間ができると、血液中に毒素や細菌、アレルゲン、未消化の・・・ 続きを読む

腸内細菌と病気

腸内さ菌の乱れによって引き起こされる病気は いくつかありますがその中の一つ「SIBO(小腸 内細菌増殖症)」についてご紹介します。この病気を防ぐ「低FODMAP食」も併せて簡単にご紹介いたします。お腹の不調の原因が食べ物にあるかもしれません。続きを読む

腸内フローラと食事

腸内環境を整える菌として代表的なものを3つご紹介します。その菌を増やすための効果的な食事の摂り方についてもご紹介。発酵食品を摂るだけでなく腸内細菌のエサとされる食品の摂取も大切です。日頃の食事にひと手間加えるだけでより効果的な食事ができますよ。続きを読む

腸内フローラ検査

腸内環境を調べる方法の一つに便を使った検 査があります。『Mykinso Pro』という検査キット です。簡単な筆問票と採便だけで大腸癌のリス クをはじめ腸内細菌の多様性など様々なことが わかります。全く痛みのない簡単な検査です。 一度ご自分の腸内環境を調べてみてはいかが でしょうか? 続きを読む

腸内フローラと健康

腸内フローラの働きは身体のあらゆる機能に影響を与えます。そのなかでも万病の元とも言われている腸の不調。どのような病気につながってしまうのか、また体重の増減に関わる、「やせ菌」「デブ菌」についても詳しく見ていきましょう。年末年始食べ過ぎしまった方は要注意ですよ!!続きを読む

腸内フローラと健康

腸内フローラの働きは身体のあらゆる機能に影響を与えます。そのなかでも万病の元とも言われている腸の不調。どのような病気につながってしまうのか、また体重の増減に関わる、「やせ菌」「デブ菌」についても詳しく見ていきましょう。年末年始食べ過ぎしまった方は要注意ですよ!!続きを読む

腸内フローラと健康

健康、美容、ダイエット、様々な分野で注目されている「腸内フローラ」聞いたことはあるけれど実際何なのかわからない方も多いのではないでしょうか?今年1年、腸内フローラについて深く掘り下げていきましょう。続きを読む