2021年09月07日

インフルエンザワクチン予防接種【予約受付中!!】

日本ワクチン学会は2021年6月に2021/2022シーズンのインフルエンザワクチン接種についての見解を発表しています。要点は以下のとおりです。

・そもそも昨年(2020/2021シーズン前)のインフルエンザ株に対する抗体を持っている人は少ないことが分かった。
・それに加えて昨年(2020/2021シーズン)にインフルエンザが流行しなかったため、抗体を獲得した人もほとんどいない状況。
・今年(2021/2022シーズン)はいつものシーズン以上にインフルエンザにかかりやすい人が多いであろう。
 インフルエンザ株の種類、各年齢層によって抗体価は異なりますが、どの年代でも決して大丈夫とは言えない状況のようです。

 日本ワクチン学会では、生後6ヵ月以上のすべての人にインフルエンザワクチン接種を推奨しています。

コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの接種の順番や間隔は?

厚生労働省のホームページによると、コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔は2週間あけること、となっています。接種する順番はウイルスの流行状況や個人の置かれているリスクを考えて行うことです。